くがはらstyle

くがはらstyle

  • Vol1
  • Vol2
  • Vol3
  • Vol4
  • Vol5

美しい街並み、豊かな自然、暮らしやすい住環境。
「Brillia久が原」の舞台である大田区の「久が原」は、東京・城南エリア有数の邸宅街として知られています。

久が原周辺と池上線沿線を探訪し、便利で心地よいライフスタイルを発見するシリーズ。
Vol.1は、「久が原」の邸宅街としての魅力をご紹介します。

STYLE.1
「品川」駅から南西に約6km。大田区「久が原」。

「Brillia久が原」が誕生する大田区久が原。
由緒ある邸宅街だけに、地名は知っているけれど、
正確な場所まではわからない、という方も多いかもしれません。

「久が原」が位置するのは、JR「品川」駅から南西に約6kmの場所。
港区や目黒区と同じ、いわゆる「城南エリア」の一角に位置します。

東急池上線から「蒲田」駅を利用することで、
主要駅へのスムーズなアクセスも可能です。
「品川」駅まで13分、「横浜」駅まで15分、「東京」駅まで22分。

まさに「都心のほとり」ともいうべきポジションに位置する「久が原」。
知る人ぞ知る邸宅街は、バランスの取れた交通利便性を誇る街でもあります。


1.2:Image photo

STYLE.2
都心の近さを忘れる、城南エリア有数の住環境。

城南方面の高台には、田園調布や山王など、昔から名の知られた邸宅街が幾つか存在します。

中でも「久が原」は、都心近接エリアでありながら、古くから受け継がれてきた美しい四季や閑静な雰囲気を、そのまま現代に残している数少ない街です。

「碁盤の目」状に綺麗な街並みが広がり、手をかけて整えられた並木も印象的。街中には公園も多く、豊かな緑が心を和ませてくれます。

一方、閑静な街並みを抜けて「久が原」の外周部に向かうと、商業施設が充実していることに気づきます。特に、「池上」駅周辺の商店街には、様々な種類のお店が揃います。「久が原」は、日常の生活利便に恵まれた街でもあります。


3:池上商店街(740m/徒歩10分) 4:現地周辺(約330m/徒歩5分) 5:千鳥いこい公園(約260m/徒歩4分)

STYLE.2
都心の近さを忘れる、城南エリア有数の住環境。

城南方面の高台には、田園調布や山王など、
昔から名の知られた邸宅街が幾つか存在します。

中でも「久が原」は、都心近接エリアでありながら、
古くから受け継がれてきた美しい四季や閑静な雰囲気を、
そのまま現代に残している数少ない街です。

「碁盤の目」状に綺麗な街並みが広がり、
手をかけて整えられた並木も印象的。
街中には公園も多く、豊かな緑が心を和ませてくれます。

一方、閑静な街並みを抜けて「久が原」の外周部に向かうと、
商業施設が充実していることに気づきます。
特に、「池上」駅周辺の商店街には、様々な種類のお店が揃います。
「久が原」は、日常の生活利便に恵まれた街でもあります。

STYLE.3
屈強な武蔵野台地の一角。典型的な「山の手」の街。

「久が原」は、いわゆる典型的な「山の手」の街です。
武蔵野台地の一角に所在しており、強固な高台の上に街並みが形成されています。

自然の脅威を知る古代人たちも、
この場所に安心と安全を求めて集落を築きました。
見晴らしの良い屈強な地盤は、現代においても人々を守り続けています。

一方、「久が原」の位置は、武蔵野台地の南端に相当します。
地盤は強固ながら、そこまで急峻な起伏が街中で見られるわけではありません。
いったん丘の上に上がってしまえば、
あとは平坦で歩きやすい道が広がっています。

台地の下の平野エリアにも、簡単に移動することができます。
街の外周部に広がる商業エリアや、その先に流れる多摩川沿いの緑地なども、
生活圏として自在に利用することができます。


6.千鳥いこい公園(約260m/徒歩4分) 7:多摩川ガス橋緑地(約2,030m)

STYLE.4
歴史が証明する「住むための環境」。

住居としての久が原の歴史は、約2000年前にさかのぼります。1927年に発掘された「久が原遺跡」からは、弥生時代のものと見られる多くの住居跡や土器が発見されました。

古代人たちにとって、住まいの選択は、まさに家族の生死を決定するものでもありました。

豊かな緑。強固な高台。水はけが良く爽やかな土壌。川や海が近く水の恵みが得られやすい立地。古くから支持されてきたからには、理由があります。

そして現代においては、電車やバスなどの近代的な交通網も整備されました。そうして形成されているのが、現在の「久が原」の街並みです。


8.現地周辺(約780m/徒歩10分)

STYLE.4
歴史が証明する「住むための環境」。

住居としての久が原の歴史は、約2000年前にさかのぼります。
1927年に発掘された「久が原遺跡」からは、
弥生時代のものと見られる多くの住居跡や土器が発見されました。

古代人たちにとって、住まいの選択は、
まさに家族の生死を決定するものでもありました。

豊かな緑。強固な高台。水はけが良く爽やかな土壌。
川や海が近く水の恵みが得られやすい立地。
古くから支持されてきたからには、理由があります。

そして現代においては、電車やバスなどの近代的な交通網も整備されました。
そうして形成されているのが、現在の「久が原」の街並みです。

城南エリア有数の邸宅街「久が原」。
穏やかな住環境。バランスの良い交通利便。日常的な生活利便。災害に強い高台立地。

都心のほとりで受け継がれてきた美しい風景の中で、
安らぎにあふれた山の手ライフを楽しんでみませんか。

Vol.2では、「四季を彩る豊かな自然」をご紹介します。

  • Vol1
  • Vol2
  • Vol3
  • Vol4
  • Vol5

※掲載のimagephotoを除く写真は2017年5月に撮影したものです。