DESIGN

調和を醸し出す、個性を引き出す。

この場所に調和する建築とは、どのようなものか。答えは「久が原という場所そのもの」にありました。

エントランスや基壇部のデザインについては、強固な高台である久が原台地そのものをイメージ。厳選された御影石に割肌仕上やビシャン仕上を施し、重厚な表情を作りました。それによって、屈強な武蔵野台地の一角であり、古代から人々を守り育んできた久が原台地そのものを表現しています。

一方、2階よりも上部のデザインについては、端正な久が原の邸宅街そのものをイメージ。正統派アースカラーの磁器質タイルや、爽やかな色合いのガラス手摺を駆使して、ファサードを作り込みました。それによって、品格のある久が原の街並みや、四季を彩る美しい緑を表現しています。

これらの久が原という場所そのものを投影した建築のデザインは、この街の美しい景観に調和し、されども決して周囲に埋もれることなく、凛とした個性を放ち続けることでしょう。

DESIGN

この場所に調和する建築とは、どのようなものか。答えは「久が原という場所そのもの」にありました。

エントランスや基壇部のデザインについては、強固な高台である久が原台地そのものをイメージ。厳選された御影石に割肌仕上やビシャン仕上を施し、重厚な表情を作りました。それによって、屈強な武蔵野台地の一角であり、古代から人々を守り育んできた久が原台地そのものを表現しています。

一方、2階よりも上部のデザインについては、端正な久が原の邸宅街そのものをイメージ。正統派アースカラーの磁器質タイルや、爽やかな色合いのガラス手摺を駆使して、ファサードを作り込みました。それによって、品格のある久が原の街並みや、四季を彩る美しい緑を表現しています。

これらの久が原という場所そのものを投影した建築のデザインは、この街の美しい景観に調和し、されども決して周囲に埋もれることなく、凛とした個性を放ち続けることでしょう。

誇りとなる空間、潤いのある時間。

エントランス完成予想CG

※掲載の外観完成予想CG、エントランス完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。また、各種機材・配管・素材等及び周辺建物・電柱・架線等は省略・簡略化しております。なお、植栽は特定の季節の状況を示すものではなく、竣工時には完成予想CG程度には成長しておりません。タイルや各種部材につきましては、実物と質感・色等の見え方が異なる場合があります。